ご希望のコンビニ情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

コンビニ

コンビニ情報

コンビニの便利な活用法 ATM

コンビニエンスストアの便利なサービスのひとつ「ATM」。金融機関とは違い、年中無休で最大24時間利用できるコンビニのATMは、利用者にとって時間を気にせず使うことができるので、非常に有益です。
さらに、コンビニATM(セブン銀行イーネットローソン銀行)は三菱UFJ銀行三井住友銀行といった大手銀行だけでなく、地方銀行や信用金庫などとも提携。近くに金融機関所有のATMがなくても、気軽にコンビニで入出金できます。
「コンビニの便利な活用法 ATM 」では、そんなコンビニATMについての様々な知識をご紹介。コンビニATMの歴史や利用状況、課題などについて解説しています。「コンビニATMについて詳しく知りたい」という方におすすめです。

コンビニATMの歴史

コンビニATMの歴史

コンビニATMの歴史は、20世紀の終わりから21世紀の初めにさかのぼります。当時、コンビニ利用客のニーズとして最も高かったのが「コンビニATMの設置」でした。
1998年(平成10年)、ローソン内で三和銀行(現・三菱UFJ銀行)によるコンビニでの現金引出しサービスがスタート。これは三和銀行のキャッシュカードで、ダイエーオーエムシー(現・SMBCファイナンスサービス会社)の現金自動支払機(CD・キャッシュディスペンサー)を使い、現金の引出しや残高照会ができるという仕組みでした。
そして1999年(平成11年)、さくら銀行(現・三井住友銀行)がATMをエーエム・ピーエムに設置。この他にも、店舗によっては銀行のATMを設置するコンビニもありました。
同年、 ATM運営会社イーネットが設立。10月8日、ファミリーマートにATM1号機が設置され、サービスを始めます。銀行の共同ATMがコンビニに設置されたのは、これが初めてです。
また、2001年(平成13年)にはアイワイバンク銀行(現・セブン銀行)、ローソン・エイティエム・ネットワークス(現・ローソン銀行)が設立、ATMサービスを開始しました。

なお、2014年(平成26年)から、ファミリーマートの一部店舗にゆうちょATMが設置されるようになりました。ゆうちょキャッシュカードなら預入・引出し手数料が0円となっています。

ここから大半のコンビニにATMが設置され、現代では利用できる時間の拡大や手数料の無料化など、ATMのサービスの質は格段に向上しています。
例えば三菱UFJ銀行は毎月25日・月末日(※1)、三井住友銀行は毎月25日26日(※2)のコンビニATM (セブン銀行・イーネット・ローソン銀行)の一部時間帯で手数料を無料化。よりコンビニATMをお得に利用できるようになりました。
また、セブン銀行では2017年(平成29年)、ローソン銀行では2020年(令和2年)からは、スマートフォンのアプリだけで入出金ができる「スマホATM 」サービスが始まっています。

  1. ※1:銀行休業日の場合は前営業日
  2. ※2:25日が土・日・祝日の場合は前営業日、26日が土・日・祝日の場合は翌営業日

コンビニATMの利用状況

コンビニATMの利用状況

コンビニのATM利用経験者は、2000年(平成12年)で1割ほどだったのに対し、2019年(令和元年)には7割弱にまで増加しています(マイボイスコム(株)調べ)。

コンビニATM利用頻度

2019年(令和元年)の調査によると、コンビニATMの利用頻度は下記のような結果になっています(マイボイスコム(株)調べ)。

  • 月1回以上の利用/13.3%
  • 月2~3回の利用/13.1%
  • 週1回以上の利用/4.9%

月に1回以上コンビニATMを使う人の割合は、全体の3割強であることが分かります。また、コンビニATMの利用者は男性の方が比率が高い傾向です。

利用しているコンビニATM

2019年(令和元年)の調査によると、利用経験のあるコンビニATMのランキングは下記のような結果になっています(マイボイスコム(株)調べ)。

  • 第1位 セブンイレブン/78.9%
  • 第2位 ファミリーマート/39.7%
  • 第3位 ローソン/34.9%

地域によってはローソンのコンビニATMを利用する人が最も多い場合もありました。

コンビニATMのメリット

コンビニATMのメリット

コンビニのATMは、わざわざ銀行まで行かなくても、近くのコンビニでお金を出金できるので大変便利です。
また、コンビニATMにおける1回あたりの引出し限度額は、セブン銀行ATMで紙幣最大50枚、イーネットATM ・ローソン銀行ATMで20万円までです(金融機関によって異なる)。すぐに大金が必要という場合でない限り、十分活用できる額であると言えます。

コンビニのATMは利用者にとって利便性が高いのはもちろんのこと、コンビニエンス事業者や、金融機関側にとってもメリットの多いサービスです。

24時間営業の店に設置してある場合、常時店員がいるため防犯対策もローコストで済む点がメリット。またコンビニ事業者は、提携先金融機関から手数料収入を得られます。
例えばセブン銀行の場合、 ATM手数料の収益は993億円。また、経常利益は約345億円を計上しています。<いずれも2021年(令和3年)3月期決算・単体>

なお、コンビニ事業者はATMを利用して店舗売り上げの代金を本部の預金口座に逐一入金することが可能。本部は資金運用の効率化を図ることができ、店舗側としては強盗による被害を最小限に抑えることができます。

コンビニATMの課題

コンビニATMの課題

東日本大震災の直後の混乱の中、みずほ銀行のATMがシステム障害を起こし、混乱をきたしたという出来事がありました。三井住友銀行は2011年(平成23年)3月、ATMの営業体制を見直すことを発表。これは東京電力による計画停電に対し、節電を進めるための措置でした。また、ほぼ同時期に三菱東京UFJ銀行も東京電力管内の1都7県にあるATMに営業体制見直しを発表、営業時間の短縮や休止を実施しましたが、どちらの金融機関もコンビニに設置したATMは通常通り稼働させました。

しかし、東日本大震災の中、無人になった地域のコンビニATMに対する窃盗事件が相次ぎ、コンビニATMの課題が浮き彫りに。普段は24時間営業で無人になることが想定されていないコンビニATMにとって、防犯強化や非常時の連携体制などの対策が急がれます。

ページ
トップへ
PAGE TOP