ご希望のコンビニ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトコンビニリサーチ
コンビニ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

コンビニ情報

大手コンビニ「ローソン」で
使えるポイントカード



ローソンでは、2002年(平成14年)からクレジットカード「ローソンパス」を、2007年(平成19年)から「マイローソンポイント」のサービスを開始。現在は「ローソンPonta(ポンタ)カード」に移行しました。ローソンではその蓄積された顧客属性や購買行動に関するデータをきめ細かく分析、「売る力の厳選」として商品開発や店舗の運営に積極的に取り入れています。

ローソンのポイントカード

ローソンのポイントカード

ローソンは、同業他社に先駆けて2002年(平成14年)からクレジット機能付きのポイントカード「ローソンパス」を導入していました。また、2007年(平成19年)からは、「ローソンパス」の機能のうち、ポイント積み立てとポイント利用機能のみを生かし、クレジット機能を排除した「マイローソンポイント」を全国の店舗で展開しました。その後、2010年(平成22年)に共通ポイントプログラム「Ponta(ポンタ)」のサービスを開始。ローソンパスの旧会員と(株)ゲオホールディングスの旧会員2,000万人を中心に引き継ぐ形でスタート。それぞれのポイント機能を移行しました。

ローソンPonta(ポンタ)カードのメリット

ローソンPonta(ポンタ)カードのメリット

ローソンの各店舗で買い物時にレジで提示すると、税抜きで100円ごとに1 ポイント付与されます。さらに、清算ごとに1ポイントプラス。1ポイント1円としてローソンの買い物に利用できるほか、様々な特典があります。

ローソンでの会員特典

ローソンの発券機「Loppi」で発券できるお得な「お試し引換券」を使うと、累積されたポイントを使って対象商品と交換できます。また、抽選や先着による豪華賞品のプレゼントや、家族ポイントをまとめることができるシステムなどもあります。

JALマイルと交換

JALマイル10,000マイルにつき、Ponta(ポンタ)ポイント10,000ポイントに交換可能。また、Ponta(ポンタ)ポイントは2ポイントにつきJALマイル1マイルに交換が可能。

ポイントを使って募金に参加

「元気になろう!日本」プロジェクトと題したプログラムでは、Ponta(ポンタ)ポイントを使って東日本大震災で被災した学生を支援するための募金を受け付け。また、ポイントを使って参加できる環境社会貢献コースもあります。

ポイントの貯め方

ポイントの貯め方

ローソンの買い物時に税抜きで100円につき1ポイント、レジで精算時にさらに1ポイント加算のほかにも、主に下記のような方法でポイントが貯まります。

期間限定のボーナスポイント

  • ローソンの店舗で期間限定の対象となっている商品を購入するとボーナスポイントが加算されます。

提携店舗での利用

提携店舗での利用

下記の代表的な提携店舗をはじめ、2013年(平成25年)6月1日現在、Ponta(ポンタ)提携企業数は67社、提携ブランド数は86ブランド、約21,600店舗で利用できます。

  • ゲオ:リサイクル、新品商品を購入時に200円につき1ポイント加算/1ポイント1円として利用可能
  • 昭和シェル石油:1L、もしくは燃料油以外の場合は100円につき1ポイント 加算/1ポイント1円として利用可能
  • HMV:購入時に 100円につき1ポイント加算/1ポイント1円として利用可能
  • ケンタッキーフライドチキン:飲食代 100円につき1ポイント加算/10ポイント10円として利用可能

Ponta(ポンタ)カードを活用した独自のマーケティング

Ponta(ポンタ)カードを活用した独自のマーケティング

ローソンでは、約4,000万人(2012年(平成24年)2月現在)の会員を誇るPonta(ポンタ)カードから導き出されるユニークデータ(購買データ)を独自に分析して、購買傾向の導き出しを行ない、商品開発や店づくりに反映させています。例えば「○歳の女性が、いつ、どこで、何を、何と一緒に、何個買った」など詳細なデータが導き出せることから、商圏ごとの商品構成や機会ロス、廃棄ロスを徹底的に軽減しています。

ローソンではこのPonta(ポンタ)カードを中心としたCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネージメント)による売上・利益の拡大に加え、SCM(サプライチェーン・マネージメント)を組み合わせて顧客ニーズの把握、高付加価値原材料調達、商品開発にいたるまで一連の流れで行ない、利益率の向上を目指しています。