ご希望のコンビニ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトコンビニリサーチ

コンビニ情報

コンビニの歴史



コンビニは1920年代、アメリカで誕生したといわれています。日本では1970年前後に登場し、時代の流れに合わせて急激に店舗数を増加。今や都心部のみならず、郊外エリアにおいても生活に欠かすことのできない存在となりました。その登場から進出、発展を遂げたコンビニの歴史についてご紹介します。

アメリカでコンビニ誕生

アメリカでコンビニ誕生

コンビニの原形は、1927年(昭和2年)のアメリカで誕生したといわれています。もともとは氷を専門に販売していた「サウス・アイス社」が経営する、とある一店舗で、日用雑貨や食料品などの品をそろえて営業するようになったことがルーツと伝えられています。国土が広く、まとめ買いが一般的だったアメリカにおいて、買い忘れや保存の効かない食料品などを日常的に購入できる店「トーテム・ストア」として一躍評判を呼びました。1928年(昭和3年)にはチェーン店として事業化。朝7時から夜11時まで営業していたことから「7-ELEVEN」と名付けられ、後年、日本にも広まりました。

日本への進出

日本への進出

日本でのコンビニ誕生の歴史については、コンビニの定義自体が当初は曖昧だったこともあり、諸説あります。1969年(昭和44年)大阪府豊中市に誕生した「マミー」を第1号店とする説や、1971年(昭和46年)愛知県春日井市に開店した「ココストア」を発端とする説など、各社や研究者ごとに見解は分かれています。

大きな流れとして捉えれば1960年代後半、高度経済成長を遂げる中で、日本ではスーパーマーケットが急成長。しかし、地元商店街との共存共栄の必要性や、大型店舗では出店場所の制限など調整が難しい地域もあったことから、スーパー各社が新業態として本格的にコンビニ事業に乗り出したことが、コンビニ拡大のきっかけとなりました。スーパーが手掛けるコンビニの口火を切ったのは、「西友」でした。1972年(昭和47年)、(株)西友ストアー企画室に小型店担当を設置し、1973年(昭和48年)埼玉県狭山市にファミリーマート1号店を出店。続く翌年の1974年(昭和49年)に「イトーヨーカドー」が東京都豊洲に「ヨークセブン(現在のセブン‐イレブン)」1号店を開店させました。

コンビニ業界の発展

コンビニ業界の発展

アメリカのコンソリデーテッドフーズ社とコンサルティング契約を締結した「ダイエー」は、1975年(昭和50年)に大阪府に「ローソン」の1号店を出店。満を持して参入した「ローソン」の登場により、現在の日本のコンビニ業界を牽引する雄がそろう形となりました。

同年には「セブン‐イレブン」が福島県郡山市の虎丸店で24時間営業を開始。その後、各社は宅配便の取り次ぎサービスや公共料金収納代行サービス、銀行ATMの設置などサービスの拡充を続けてきました。ライフスタイルの多様化、女性の社会進出などの社会背景も追い風となり、コンビニは破竹の勢いで規模を拡大。現在は、生活に必要な様々なサービスが受けられる、地域のインフラとしてその地位を確立しています。

日本の主要コンビニと出店元(大手スーパー)

ファミリーマート:西友→伊藤忠商事

セブンイレブン:イトーヨーカドー→セブン&アイホールディングス

ローソン:ダイエー→三菱商事

サークルK:ユニー→サークルKサンクス

ミニストップ:ジャスコ→イオン