ご希望のコンビニ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトコンビニリサーチ

コンビニ情報

コンビニの定義



コンビニとは、コンビニエンスストアの略で、CVSと表記する場合もあります。経済産業省の商業統計による業態分類では「飲食料品を扱い、売場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店」と定義されています。近年では24時間営業のスーパー、ドラッグストアやホームセンターなど、日用品や食料品などジャンルを問わず多種多様な品目をそろえ、長時間営業する業態など競合する業態が増加。このような傾向から、コンビニエンスストア(以下、文中「コンビニ」)が担う役割は、ATM機能の拡充に象徴されるように単なる小売店から社会的インフラへと移行しつつあります。

コンビニの特徴

コンビニの特徴

コンビニは小売業態の中でも特異な性質で、短期間の間に急激にシェアの拡大を実現してきました。その特徴として、第一に半径300~500mの小さな商圏を対象としていること、第二に数十坪の小さな店舗であること、第三に食品を中心におよそ3,000品目程度の商品を取り扱っていること、第四に終日もしくは他の業態と比較して長時間販売する小売業であること、などの点が挙げられます。昔から存在していた個人商店のような「かゆい所に手が届く」品ぞろえに加え、現代のライフスタイルに適した長時間営業への対応などを可能にしたことで、いつも電気が付いている便利な小売店として、独自の存在価値を確立してきました。また、商品構成やサービスなどをより平準化することで、消費者への安心感を与えたことも大きな勝因といえるでしょう。

コンビニの商品構成、サービス

コンビニの商品構成、サービス

コンビニにおける主な取扱商品構成の中で、経済産業省が2009年(平成21年)に発表したデータ<2007年(平成19年)調査>によると、最も販売額が大きかったのは「料理品」、次いで「たばこ・喫煙具」、「他の飲食料品」、「飲料」という順に高い割合となっています。前回調査時の2002年(平成14年)と比較すると、2位の「たばこ・喫煙具」、4位の「飲料」の割合が拡大。一方で「酒」、「書籍・雑誌」の割合が減少していました。

現在でも主要となる商品構成に大きな変動は見られませんが、野菜や果物などの生鮮食品を扱うコンビニが増えてきたり、店舗ごとに調理した揚げ物や惣菜、医薬品を販売する店舗が登場したりするなど、時代の流れや地域性に応じて多様化しています。

また、宅配便や荷物の取り次ぎ、各種公共料金の収納代行などのサービスに加え、金融機関と連携したATMや電子マネーへの対応、コンサートや遊園地、イベントのチケット予約・発券など、コンビニにおけるサービスは日々進化しています。

コンビニの動向

コンビニの動向

(社)日本フランチャイズチェーン協会のコンビニエンスストア統計においては、協会正会員10社のコンビニチェーンを対象として、各種の統計を出しています。2012年(平成24年)の年間売上高は9兆264億円(前年比+4.4%)となり、前年比プラスで推移。店舗数は2012年(平成24年)12月末現在で46,905店(前年比+5.6%)、2,508店の大幅な増加を記録しました。また、来店客数は148億7,462万人(前年比+4.1%)という結果が発表されています。

他業態との比較

他業態との比較

近年成長を見せ、商品アイテムの充実が進むドラッグストアやホームセンター。ドラッグストアでは、小規模の薬店の減少に伴い、医療品や化粧品のみならず、日用品や文房具、飲食料品などを扱う大規模店が増加しています。また、ホームセンターでも生活雑貨や食料品、飲料水など販売商品の幅が拡大されたこと、さらには24時間営業のスーパーが増加したことなど、様々な他業態の変化に伴い、コンビニの小売店としての役割が低下しつつあります。そんな中、差別化を図りたいコンビニは近年、オフィスビル、病院、大学、ホテルなどへの新規出店、ATM設置などサービスの拡充をベースに新たな役割を発揮しています。